もてて落とせる酒の飲み方とマナーをマスターしたいあなたに教えます

モテて落とせる酒の飲み方教えます


 
酒を飲んでいるだけで、

 狙った女性を落とす。

 悪いけどエロで、エコな

 飲み方あるんですが。

 



そんな方法があるのですが、試して見ませんか? 


女性としっぽり行くには、やっぱりバー。
男なら居酒屋じゃなくてバーで女を落としたい思っています。
そして、自分の隠れ家、聖域として、彼女や友人を連れて訪れたいと思っています。

実は、そんな完全初心者のあなたでも、最初からバーでカッコよく飲めて、失敗せずに女が喜びながらあなたに惚れ、しかもバーテンダーからも一目置かれるような飲み方が出来る方法をお教えできますが・・・
このエコで掟破りな方法、あなたはチャレンジしてみたくありませんか?



本書の目的は、あなたが

初心者でも一人でバーでカッコよく酒を飲めるようになり、
酒を飲むだけで、男を磨きながら、しかも
悪魔のように女性を落とす為に絶対必要な
ギャップと自信を手に入れること。


このギャップと悪魔的自信をどうやって作るのか?ということ。
女を落とすには、女が踏み入れない聖域を持つことが必要。

聖域を持っていないと、女性よりも精神的肉体的優位を維持する
自信は、限りなく場数を稼ぐことでしか得られないでしょう。

もてる男とは、自分の聖域を持っていて、そこに友人や女性を招待
できる男です。
もしあなたが、彼女がいない、彼女が欲しいと思っているなら、この
悪魔の聖域を持つことが、彼女を作る最も早道です。


なぜなら、たとえあなたが口下手でもブサメンでも、
悪魔の聖域があなたを勝手にカッコよく見せ、
そして事実あなたはカッコよくなっているのですから。


それが、「酒の飲み方一つで女が惚れて男も磨ける方法」です。

(なお、当然ですが、お酒は二十歳からというのが大前提です)

その前に、完全無料プレゼントをどうぞ

ここでご紹介している内容は、無料レポート「30代からの彼女の作り方」の中でお話ししている、恋人への4つの布石の中の、4つ目「ギャップの演出の準備」の具体策を詳細に解説したものです。

本書だけでも表題の趣旨に沿ってご理解いただけますが、無料レポート30代からの彼女の作り方」とあわせてお読みいただくと、より効果をご理解いただけると思います。
もし、興味のある方は、≫完全無料でこちら≪から直ダウンロードできますので、是非読んでみて下さい。


酒の飲み方一つで女が惚れて男も磨ける方法1
■「大人限定」です。「子供」は居酒屋にでも行ってなさい


さて、酒を飲んで男を磨くことができるのは、
限られた、選ばれた人だけなのです。

まず第一に、当然ですが20代のかたには向いていません。
特に、20代前半のかたは。

何故か?
人生経験が不足だからです。
酸いも甘いもかみ分けた味わいが足りないからです。

これは、どんなに金を持っていようが、女性にもてようが、
若いのでは話にならないのです。
お子様です。

このマニュアルは、大人の男に向けて書かれました。

このマニュアルが本当に役に立つかたは、30才以上のかたです。
30代以上のかたにこそ、酒を飲みながら男を磨く権利があるのです。

(ただし例外として、30代を迎える前に、一人でバーに行き、出来るだけ早くから男を磨いて女を落としたいと真面目に考える20代のあなた。真剣ならば、入門することを許可しましょう。)


女は、肝心な時にマジな男に惚れるんです。

男と女が付き合っていくとき、それも、パーソナルになれば
なるほどその効果が高まる場所。

それがBar(バー)。
カフェバーでもダイニングバーでもなく、ホテルのバーでもない本格バー。

本書は、初心者でも、酒の種類がわからなくても、バーでカッコよく
飲み、男を磨きながら、
しかも連れの女性にいつものあなたと違うギャップをカンジさせ、
あなたに惚れさせる方法をあなたに解説します。



酒の飲み方一つで女が惚れて男も磨ける方法2
■これは酒の解説書でも、レシピ本でもありません


あくまでも、「酒の飲み方一つで」「女が惚れて」
そして「男が磨ける」方法に焦点を絞っています。

そう、このマニュアルは、バーでのカッコいい酒、バーでのかっこいい飲み方、もてる男の飲み方というものを、初心者にもできるように完全解説しています。

ですから、バーでお酒を極める正しい方法とか、お酒の勉強をする
ための書では全くありません。
そうしたマジメな人から見たら、本書の飲み方は、とんでもなく非常識で悪魔的な方法です。


あくまでもカッコよく見える酒だけに限定し、カッコよく見える飲み方をマ
スターすることが目的です。
前出の無料レポートをお読みいただいたかたはおわかりかと思います。

ここで、本書を読んでいただくにあたり、心がけていただきたいことが
あります。

まず、本格的なバーで飲んだことがないというあなた。
今までに知ったお酒の知識、お酒の常識は全て捨ててください。

ちょっとは本格的なバーで飲んでるというあなた。
すでに知ってるバーの知識とか、好きな酒のことはいったん捨ててく
ださい。

本書では、あくまでもカッコよく見える酒と、その流れを解説しています。
ですから、常識とかあなたの好みは無視しています。
もちろん、基本的なところでセオリーをはずしているわけではありません。

バーで飲むということは、セオリーも当然あります。
セオリーをはずしたら、カッコ悪くなってしまいます。


しかし、本書は完全に初心者のあなたのために書かれています。
あなたはセオリーを知りませんし、事細かにセオリーを説明しても覚え
切れません。


ですので、飲む酒、飲む順、すべて決めてあります。
それだけは覚えてください。


逆に言えば、そんな本は、私が調べた限り現時点ではおそらくこの本
以外にないということです。


酒の飲み方一つで女が惚れて男も磨ける方法3
■「私は酒が弱い・・・」というかたへ


ところで、お酒が苦手、すぐ悪酔いしてしまうというあなた。
安心してください。

バーで飲む酒は、非常に早く抜けます。
それは、「良い酒」だからです。
カクテルも、その他の酒も、まずまちがいなくあなたが想像しているより
気持ちよく酔えて、しかも早く抜けていくはずです。

ですから、安心してバーのドアを開けてください。

バーは、どんなに敷居が高くても、カッコさえ決まっていれば自信を
もって入れます。

カッコから入っても、続ければ男が磨かれます。
カッコから入っても、女性は惚れてくれます。普段のあなたにない、
大きなギャップを感じてくれるからです。


しかし、もちろん条件があります。

それは、あなたが本書に従って実行し、酒を飲み、そのカッコを身に
つけなくてはだめだということです。
読んだだけでは無理です。


本書の推奨するお酒に慣れるためにも、最低3回はやってみてください。
そうすれば、もう大丈夫。

あなたの男に磨きがかかり始めています。
いつ彼女を連れてきても大丈夫です。


では、始めましょう。


酒の飲み方一つで女が惚れて男も磨ける方法4
■あまりにも詳細で間違いようがないステップ


酒の飲み方一つで女が惚れて、男も磨ける方法
目次
――― カッコよく飲むためのバーの基礎知識 
――― バーでの動作のポイント
――― バーを見分ける
――― バーに入る
――― 座って注文する
――― 待つ
――― 飲む
――― トーク 
――― 二杯目
――― つまみ
――― トイレ 
――― トークと三杯目
――― 締めの判断
――― 金を払い店を出る
――― カクテルtips 
――― 女性を連れて入る 
――― 女性の一杯目 
――― 女性からの質問の答え方
――― 女性がトイレに行く時
――― 女性の締めの酒
――― 女性と店を出る
――― 「もう女性は惚れている」男を磨くバー

この一見地味な目次に、Barで一人で一回飲むたびに
平均30,000円かけて培ったトータルノウハウが刻み込まれています。



酒の飲み方一つで女が惚れて男も磨ける方法5
■マニュアルサンプルページ

全69ページ中29ページ目

■待つ

さて、酒が出てくるのを待ちます。
タバコはまだです。

バーテンダーは早速●●●●を作り始めるはずですから、それを楽しむイメージで眺めてください。

実際楽しいですから。
手際の良さとか、動作のきびきびした小気味よさなど。

もちろん、見慣れてるんだよという雰囲気で。
バーテンダーも見られていると知っていますから、作るしぐさも味のうちという感じで動くはず。

酒を調整する間は、バーテンダーは余計なおしゃべりはしないのが基本です。
ですからあなたも安心してリラックスです。

でも、この間はほおづえなどついてはいけません。
バーテンダーに失礼です。

やがて、バーテンダーがシェイカーを振って、●●●●が出来上がります。
カクテルグラスが置かれ、そこにシェイカーから●●●●が注がれます。
このときも姿勢を正して酒を迎えてください。

で、やってしまいがちなのが、まだバーテンダーの動作が終わらないのについ手が出てしまうことです。

注ぎ終わったのか、酒が出来上がったのか、あなたが決めてはいけません。

バーテンダーは、ほぼまちがいなく
「どうぞ」
と言います。
言ったら、出来上がりです。
「ありがとう」の気持ちをこめて、軽く礼をしてください。

「どうぞ」と言わなくても、シェイカーをおろして、すっと離れます。
そうしたら出来上がりです。

繰り返しますが、これが待てずに手が出ると癖になって、違う酒のときも最後のレモンピールなどとかち合います。
くれぐれもじっくり待つこと。

出来上がったら、いよいよ飲みます。


■飲む

ここまで、あなたはタバコも吸わず、姿勢よく、注文もスマートにやって
これました。

飲む動作は、一口目がとにかく肝です。
ここをクリアすれば、まず一安心です。

カクテルグラスを持つ手つきは、事前に練習だけはしておいてください。
イマイチの持ち方でもいいです。
まずは安定する持ち方を心がけること。

カッコいい持ち方の最大のポイントは、
持つたびに違うところを持つことなく、同じ持ち方であることです。

つまり、常に同じ動作で持つということ。
持った形がいいかどうかはその次です。

グラスはゆっくり持ってください。
ゆっくり持ち上げて、あまり高く持ち上げないこと。
イメージとしては、ネクタイの結び目くらいの位置まで持ち上げてく
ださい。

若干口を近づけるようにして、すっと一口目を口に含みます。
このときの量は無理をしないように。

一口飲んで、きついと感じたら、それでグラスを置きます。
続けてもう一口飲みたいと思ったら、もう一口。
そしてグラスを置きます。

ここで、ちょっと緊張をほぐしてください。
きついなと思っても、うまいと思っても、ここで一服です。

タバコを吸いましょう。
(喫煙者ではないあなたの場合も、ここで一段落です。リラックスして
ください)

火をつけて、ふーっと煙を吐いたら、
「いやぁ旨い。いいねぇ」
という感じの表情で、店内を見回しましょう。
言っちゃだめですよ、そういう感じで、ということです。

ここでバーテンダーによっては、
「いかがですか」
と聞いてきます。

そのときは、
「おいしいです」
と満面の笑みで言いましょう。

このときに、店内を改めて観察してください。
自分の聖域にしてよさそうか、彼女を連れてきてもよさそうか。

そんなことを検討しながら、2〜3口タバコを吸います。
ただし、酒を置いておく時間は2分以内です。

さて、引き続き●●●●を飲みます。
タバコを吸いながらでも、一度消してでもいいです。

あとは、3口程度で、かつ、出来上がったときからトータル5分以内で
飲み終わるようにしてください。

それ以上置いておくとどうなるか?

ぬるくなって味が落ちるだけです。
かつ、バーテンダーは悲しい思いをします。
そしてカッコワルイです。

飲み干したら、ほっとして大丈夫です。
お酒を飲んだときのいつもの表情をしていればいいんですから。

ところで、酒がカクテルグラスに山盛りになって、持ったらこぼれてしま
いそうなときがあります。
ギリギリまで量を多くしてくれている、つまりサービスしてくれているわ
けですが、とても持てません。
(すっと持てばこぼれませんが、なかなか難しいです)

そのときは、グラスを

**************** 中略 *******************

■女性を連れて入る

あなたはここまでで、あなたなりに気の置けないバーを見つけているでしょう。
そして、あなたはすでに、バーで酒をカッコよく飲むことにも慣れ、バーテン
ダーとも少し顔なじみになっていることでしょう。

しかし、バーで男を磨くには、女性を連れてカッコよく飲む経験が必要です。
バーで一人で酒を飲むだけでは、本当に男が磨かれることはありません。

あなたは彼女と、あるきっかけで出会い、そして二人だけでゆっくりと話がで
きる場所に誘いたいと思う。
そして彼女にあなたの意外な一面を見せて、彼女をうっとりさせ、ギャップを
演出したい。

そんなときのために、この聖域を作り上げました。

ここからの話は、今日、出会った女性と二人きりでバーに行く場合で書きまし
ょう。

さあ、彼女をバーに招き入れます。
バーでは、全てレディーファーストです。
バーに入るとき、バーのドアを開けるのはあなたです。

ですが、●●●●●●●●●●●●てはいけません。
バーのドアを少し開け、ちょっと首を入れてバーテンダーに挨拶します。
「●●●●●●●●●●●●」
そのときに、彼女には●●●●●ないようにします。
入る前に彼女に●●●●●●●●●●もったいないからです。

本格的なバーとは、そのくらいミステリアスな場所だからです。
そして、あなたは彼女の脇に回って、彼女がドアの正面にくるようにしてから、
さっとドアを開けます。
あなたがカッコいいと思った本格的なバーです。
まちがいなく彼女にとってもミステリアスで素敵な空間に見えます。

バーテンダーもはりきって「いらっしゃいませ」と言うでしょう。
(なんでしたら、バーテンダーに事前に頼んでおいてもいいのです。ただ、そ
んな必要はないくらい、バーテンダーは心得ています)

彼女をエスコートしながら店内に入ります。
座る場所は、女性を連れている場合は、●●●●●●●●●●。
でも、●●●●●●●●●●。
もし、他に客がいなくて好きな場所に座れるとしたら、まずは●●●●●●●●●●がいいでしょう。

彼女がバーの雰囲気に囲まれるのがいいのです。
そして、●●●●●●●●●●。
これははずせないセオリーです。(知らない人も多いですが)

ちなみに、●●●●●●●ケースは、もっとあなたと彼女が親しくなってからです。

バーの●●●●●●●●●●、それだけ深い意味があります。
もし、彼女とあなたが出会ったばかりで、初めて二人きりになる時に●●●●●●●●●●とします。
すると、彼女は●●●●●●●●●●になって、不安を感じます。


もし●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●彼女はすぐ逃げられる状態です。
その状態では、彼女はバーの雰囲気に酔うことができないのです。

これではあなたに有利なギャップは生まれません。
ですので、初めて彼女を連れて入るときは座る位置に気をつけてください。

■女性の一杯目

さて、座ってからお絞りをもらい、注文するまでのあなたの動作は大丈夫でし
ょうか?

いつもと同じように。変わらずに。
一人のときと違うのは、注文の仕方です。

彼女のお酒から決めましょう。
あなたがお酒を決める必要はありません。

彼女に飲みたいものを聞いてみましょう。
もし、彼女がはっきりとお酒の名前を言うのなら、それで良いでしょう。
でも、あなたが頼むのではありません。

彼女が●●●●●●●●●●するように促してください。

彼女が「何を飲めばいいのかわからない、お酒の名前すら出てこない」
と言うのなら、バーテンダーに次のように言いましょう。

「●●●●●●●●●●●●●●●●●●」

これであなたはカッコよく彼女のお酒を決めてあげることができます。

**************** 中略 *******************

彼女は●●●●●●●●●●●でリラックスもでき、●●●●●●●のコミュニケーションもあなたが彼女に与えた「あなたのギャップの一つ」になるのです。

この辺のことは、理屈では現しにくいのですが、女性を雰囲気に酔わせてあなたに好感を持たせる心理術の一つです。

**************** 中略 *******************

彼女のお酒が決まったら、あなたも注文します。さりげなく、
「ボクは●●●●●●●●●を」
「●●●●●●●で?」
「はい」

これで彼女はこう思います

「●●●●●●●?どんなお酒かしら」
「いつもこういうところで飲んでるのかしら」
「なんだか不思議な人だわ・・・」
「でもこの人のおかげで、こういうお店でも安心だわ」
「もっと●●●●●●・・・」



(続きは本編でお楽しみください 注・本書は無理な飲酒を助長するもの
 ではありません。最終的に飲む酒、量は、必ずご自身でお決めください)


酒の飲み方一つで女が惚れて男も磨ける方法6
■悪魔の聖域が手に入れば・・・その絶大なる効果

・お酒が好きなあなたなら、いつでも実践できて楽しみながら
 男を磨けます。

・お酒を知らなくても、マニュアルどおりにすればカッコよく飲めて、
 自信がつきます。

・バーで大人の飲み方ができるあなたに、女性はミステリアスな
 魅力を感じます。

・ボトルやグラスの輝きの中で、落ち着いた二人だけの時間を演
 出することができます。

・あなたは魅力的なギャップを手に入れることができます。

・あなたが話すことを、女性は素直に受け止めるようになります。

・恋の言葉も、さらっとイヤミなく言えるようになります。

・そして・・・

(効果を保証するものではありません)



酒の飲み方一つで女が惚れて男も磨ける方法7
■完全な素人がいきなりカッコよく飲めるのか

あなたはこう思っていませんか?
「居酒屋でビールにチューハイしか飲んだことないのにいきなりは無理」
「書いてあるとおりできれば苦労はしない」

確かにそうです。
書いてあることを読んだだけでできるなら苦労はしません。
でもそれって、途中が抜けてるからじゃありませんか?

もしも、バーに入る最初から、バーを出る最後まで、
どこを見て何を話し、どう歩いてどう座り、何をどう話して、何をどう頼みどう飲むのか、
すべてのことが書いてあればいかがですか?


忠実に書いてある通りにやってみるだけです。

そして、このマニュアルなら、この通りに行動すれば、マニュアル通りの
結果が生まれ、バーテンダーとの会話もシナリオ通りに進み、万一
想定外の会話になっても切り抜けるトークが使える。

しり込みするあなた。あなたはこんなスリリングなひと時を体験してみ
たくないですか?

もう、ここから男が磨かれ始めています。


酒の飲み方一つで女が惚れて男も磨ける方法8
■悪魔の聖域へのいざない

「何か人に自慢できる場はないかなあ・・・」
「ここでなら、自分が主役になれるような・・・」
「彼女ができたとき、自信を持って二人きりになれる場所がほしい」
「自分だけのとっておきのスポットがあればなあ・・・」

そんなことを思うあなた。

あなたにこそ、「悪魔の聖域」が必要です。


本書は、私自身が数多くのBarで培ったノウハウと、
本業である高額営業の契約獲得トークノウハウをミックスして
練り上げられた、他ではまったく得ることのできないマニュアルです。

あなたの聖域作りの最高の指南書となるでしょう。

さあ、両手に花を!
始めましょうか。

                                  著者  佐藤 誠
e-Bookマニュアル

の飲み方一つで女が惚れて男も磨ける方法」



イメージ画像です

PDFダウンロード版 A4版 69ページ

価格 3,780円(税込)

(予告なく値上げすることがあります)

≫価格確認とご購入はこちら≪

本書姉妹編 まず彼女を作りたい方へ

無料レポート「30代からの彼女の作り方」

直ダウンロードは≫完全無料でこちら≪


ご質問は購入画面下の「法律に基づく表記」ページのメールアドレスにお気軽にどうぞ
ページトップ/法律に基づく表記
Copyright (c) 2008〜2010 by Makoto Satoh All rights reserved.